還暦の副業ド素人でも稼げる!カシャカシャビジネスとは?

還暦の副業ド素人でも稼げる!カシャカシャビジネスとは?

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)というビジネス

近年の副業ブームにより様々な副業が登場しています。クラウドソーシング、FX、バイナリーオプション、ネットショッピング、ポイントサイトなど様々な副業があります。
その中でも今年一番注目されているのが片桐 和子(かたぎり かずこ)さんという方が代表を務めます
Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)というものです。簡単に説明するとお持ちのスマホや携帯で写真を撮りそれを販売するだけでお金が稼げてしまう!
という簡単な仕組みです。

何故そんなにも簡単にお金が稼げて、収入を手にする事が出来るのか説明していきたいと思います。
そもそもKasya2-Business(カシャカシャビジネス)なぜおすすめなのかもう少し詳しく説明していきます。

写真の重要性

現在はネットすごい勢いで発達、進化を遂げています。

皆さんも経験があると思いますが、どこかおいしい物を食べに行こうと考えたとき、旅行に行こうと思った時ネットで検索しレビューを見たり評価を見たりすると思います。
その中でも特にチェックするのは画像や写真ではありませんか?

見た目と言うのは人間にとってある種絶対的な1つの判断基準です。
いくらお店や場所の評価が高くても自分が望んでいるものやイメージと違えば損をしたりこんなはずじゃなかったと感じることかと思います。

それほど視覚による情報は重要で信頼性の高いものです。写真が美味しそうなら食べてみたい!きれいな景色の写真を見れば行ってみたい!と感じる事でしょう。
このKasya2-Business(カシャカシャビジネス)はそういった心理に基づいたビジネスです。最近はスマホがカメラ代わりになりどんな時でもきれいな写真を撮る事ができます。

スマホの普及がカメラの歴史を変え最新機種は従来よりもさらに奇麗に写真を撮る事ができます。

あなたの撮った写真がお金になる

また、近年のインスタグラムのブームもあって写真の需要やニーズは高まり続けています。たとえあなたがプロのカメラマンではなくても収入を得ることが可能です。

何故ならネットやサイトで写真を使ったりする場合はフリーの無料写真が中心でしたが、フリーの写真は幅が広くなかなか自分のイメージに合うもの、気に入るのもが見つけられません。その為依頼による撮影があるほどです。

しかし、写真はそのイメージに合うものをプロが必ず取れるというわけではありません。素人でも偶然素晴らしい景色や魅力的な写真を撮れる場合があります。
ここに目を付けたのがKasya2-Business(カシャカシャビジネス)です。ニーズに合う写真が撮れればあなたもプロのカメラマンのように収入を得ることができます。

このような写真を撮るだけで収入を得る事も出来るんです。↑↑↑↑

スマホに眠ったままの写真はありませんか?その写真をお金に換えることが出来るのがKasya2-Business(カシャカシャビジネス)です。
Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)は片桐 和子(かたぎり かずこ)さんと2人のお子さんである片桐 慎人さんと片桐 奈々さんの家族3人で運営を行っています。

下記に具体的に作業をしている動画がありますのでどんな感じなのか参考にしただければと思います。

スマホで簡単Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)

ここからはなぜさまざまある副業の中でKasya2-Business(カシャカシャビジネス)がいいのかを具体的に紹介していきたいと思います。
大きく分けて3つのメリットがあります。1つ目は初期投資がかからない事です。通常であれば副業はそれに必要なものを揃える必要があります。

パソコンやネット環境、外出先でやろうと思えばポケットWi-Fiも必要です。
それに引き換えKasya2-Business(カシャカシャビジネス)はお持ちのスマホ1台で簡単に始める事ができます。

引用サイト⇒https://marketing-rc.com/article/20160731.html?r=m

現在は2017年ですが最新のスマホ普及率は2016年に72%を超え今後もさらに普及率は上がるでしょう。
このことからもわかるように老若男女ほとんどの方がスマホを持っています。

操作も簡単で防水、手ブレ補正機能があるのもや画像の編集加工もスマホ一つでできます。スマホを持つ誰もがKasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始める事ができます。
しかも作業時間は外出先のほんの一瞬なら手間も時間もかかりません。もちろん自宅でも結構です!

上記の動画を見られるとわかりますが、片桐 慎人さんと片桐 奈々さんが楽しそうに写真を撮っている姿が印象的ですが、本当にちょっとした手間もかかりません。
ただいつもと変わらない感覚で写真を撮るという手軽さが非常に効率的でスマートなビジネスです。

どんな方でも始められるKasya2-Business(カシャカシャビジネス)の魅力

2つ目は上記でも少し説明しましたが誰にでも出来るという点です。
以前は副業と言うとパソコンで文字をカタカタ打ったり細かな作業をするというのが一般的でした。しかしこのスタイルははっきり言って万人が出来るものではありません。

実際問題パソコンをほとんど使わない方にとっては文字を打ったり、画像をパソコンで加工するのは苦になる作業だと思います。私の友人がその典型的なパターンでした。
仲の良かった友人と私は副業を同時期にはじめました。

友人はもともとパソコン自体は人並に使えるもののエクセルやワードが少しいじれる程度でブラインドタッチなんて当然できませんでした。
そもそもそんな機会が無いといっていました。その為一緒に始めたクラウドソーシングの副業は友人にとって苦でしょうがなかったようです。

私自身は初めのうちは平気でしたが本業を行いながら時間を見つけ、納期までに納品を完了させるという工程が次第に苦になっていました。
結局始めたての作業時間が非常にかかったことや、慣れない仕事にうんざりする結果になってしまいました。

普段パソコンを使わない方、パソコンが苦手な方にとっては難しいようです。一方のKasya2-Business(カシャカシャビジネス)は写真を撮るだけです。
自宅でパソコンの画面と格闘する事もなく、時間や場所を自分で決め好きに動く事が出来るこのビジネスは精神的にも肉体的にも負担が少なく非常に楽しくできます。

天気のいい日には外に出て何気ない風景を撮ったり、旅行先や友人とのお出かけの際も出来るお金稼ぎは他を探してもないでしょう。
継続する事や楽しさを考えるならこのKasya2-Business(カシャカシャビジネス)がベストだと思います。楽しく出来なければやっていても苦痛なだけですからね。

どうせなら楽しくお金を稼ぎましょう。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)が持つ可能性

3つ目はスマホ1台で出来るという点です。パソコンはどんなに軽くても机の上で開かなくてはいけないため場所をどうしても必要とします。
スマホならスペースをとることなくポケットに入れて持ち運びが可能です。

上記でも少し述べましたが、場所や時間を指定されるような副業は行動範囲が狭まり、本業の妨げになる危険性をどうしてもぬぐい去る事ができないというのがデメリットの1つです。

ただ、Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)はそれもありません。
片桐 和子(かたぎり かずこ)さんがそうだったようにこのビジネスは主婦をしていた片桐さんが思いつきで始めたビジネスでその圧倒的手軽さが売りの1つであるビジネスです。

副業の怖いところは本業の妨げになるという部分です。過去にも副業に力を注ぎ過ぎたが故に本業に支障が出てしまい、会社から解雇されるという事例が発生しています。
結局それだけの稼働を余儀なくされてしまうものも残念ながら存在します。副業を行っている世代の多くは主婦層と言われています。

やはりサラリーマンは副業が難しいと言われるのは家庭を支えたり、収入を安定させる為に本業に依存する傾向があるからです。
主婦の方も当然家事や育児で忙しいのはわかりますが、行動範囲は主婦の方が広く取れるという点から副業をするなら主婦層が現実的だというデータが存在するのも頷けます。

世の中の主婦の方が大変忙しいのは十分わかります。いろんな気苦労や肉体的疲労を抱えている方も多いです。
要は現在メジャーとなる副業の多くはそういったデメリットが多く存在するという事だけ認識しておきたいところです。

副業を行う人が増えた理由

副業を行う人が増えた理由はいくつかあると思いますが一番は不安定な日本の景気に危機感を感じた方が行動を起こしているためだと言えます。
副業はココ数年で大きく変化を遂げネットを中心としたビジネスが現在では人気です。その理由は仕事がネットを使ったものへと移行している事が原因です。

高度経済成長期の日本は仕事があちこちにあり消費も盛んだったこともあり、働き口に困るということはありませんでした。
しかし、時代の移り変わりにより企業はとにかく安いものをという価格競争に走ってしまいました。すると企業は人件費を抑えようとします。

日本人を雇うとどうしても人件費を安く抑えることはできません。そこで先進国などの国からの外国人労働者が工場などで雇用され始めました。
すると日本の労働は極端に制限されてしまいます。副業でパートやアルバイトを探す時も同じです。もう雇用範囲が狭まってしまっているため難しいというのが現状です。

しかし、ネットを使った副業なら日本人にもまだ部があります。その為働き口を失った人もネットでなら仕事をすることが可能なのです。
日本経済に危機感を感じた賢い方は続々とネット副業を始めています。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めるにあっての注意点と写真を取る時のテクニック

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始める際には準備が必要です。

ただ、特別なことではなく他の副業を始める上でも必要なことなのでKasya2-Business(カシャカシャビジネス)以外の副業を始めるという方でも知っておいて損はないと思います。まずはじめに新しい銀行口座を開設する必要があります。ネットビジネスを始める際にはプライベートの口座とは別に銀行口座を作ることをおすすめします。

もちろん一緒でも問題はありませんが、別口座なら今月いくら稼いだのか一目瞭然です。
副業のモチベーションを保つのにも効果的ですし、一生懸命稼いだお金なので無駄使いもしにくいでしょうコレなら貯金をすることもできます。

新しい銀行口座を開設するには身分証明となるものや印鑑など必要なものがいくつかあるので用意した上で近くの銀行で作ることをおすすめします。
加えてある一定の収入を得ると確定申告をしなくてはいけません。コレを怠ると脱税で捕まります。確定申告が必要な場合はきちんと行いましょう。

ココからはKasya2-Business(カシャカシャビジネス)で売れやすい写真を撮るための具体的なテクニックを幾つか紹介して行きたいと思います。

テクニックその1はカメラを取る時の角度です。
カメラを取るときはどのような角度で撮影しますか?一般的にはカメラに対し平行に撮影するのが基本ですよね。

しかし、場合によってはローアングルや高いアングルの方がきれいに取れる場合があります。例えば大きな木に花が咲いていたとします。

平行に撮影すると背景は木の葉っぱがただ映るだけで何の変化もないですよね。
このような感じです。↓↓↓

しかし、コレを下から花と葉がバランス良く映るように撮影すれば下のようになります。

↓↓↓

どちらのほうが良いかということよりも多面的な方向で撮影することで写真の印象はガラっと変わります。
撮影する際はこのようなに角度を意識して撮影するのもおすすめです。

またスマホなら一眼レフなどのカメラよりもコンパクトなのでそこもカメラと対抗する良い武器になります。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)はスマホを使うことで最大のメリットを引き出すことが可能ですが、それでも一眼レフなどのカメラには画質という面で対抗できません。スマホならではの戦法で撮影してみるのもいいでしょう!

テクニックその2はスタンドを使用することです。
スタンドを使用する目的は2つあります。1つは被写体をまっすぐ平行に撮影できるという点です。

手持ちでの撮影は味のある作品を生み出すこともありますが、素人には難しいでしょう。
そこで最初はスタンドを使ってまっすぐ被写体を捉えてから微調整するために使いましょう。

もう一つは手ブレ防止です。スマホには手ブレを補正してくれる機能やアプリがありますが、スタンドを使うほうが遥かにメリットが大きいです。
手ブレのため何度も撮影し直すのは手間ですよね。しかもそういう時に限って手が震えてしまうんですよね。

手ブレを防ぐためにもスタンドは優秀ですし、下のような躍動感のある写真を撮ることもできます。

↓↓↓

まぁコレが撮れるからオススメです!!というわけでも無いんですが私が言いたいのは選択肢が広がるということです。
両手がフリーになればいろいろな選択ができます。

そして3つ目のテクニックは連射すべし!
カメラの知識がある方なら常識でしょうが一眼レフカメラで撮った写真はきれいで迫力があり一瞬を切り取ったような芸術的な一枚が撮れると思っていませんか?

実はあれも連射の中の一枚なんです。画質や色に違いはあれどこちらの持っているスマホでも相当きれいな写真を撮ることはできます!
そのための一つのテクニックが連射です。連射はカメラによって違いますが基本撮影ボタンを長押していれば連射できます。

連射の中で最も良いものを選びましょう。上の方にあるジャンプしている写真もスタンドで固定し連射機能で撮影すれば似たような写真が誰でも簡単に撮影可能です。
ちょっとしたテクニックですが皆さんも試してみてはいかがでしょうか!

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を実践してみてわかった事

私は定年退職したばかりの元サラリーマンです。現在は年金と貯金を切り崩して生活しています。
Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めたのは定年前のサラリーマン時代でした。こう見えて結構やりての部長だったんですよ!

もうすぐ定年という時期に仕事の引き継ぎはほとんど終わり、あとは部下に任せて隠居するだけだと考えると何か物寂しい気持ちになりました。
今までの生きがいを失ってしまうような喪失感にも似たこの感覚は体験してみないとわからないと思います。

退職後は趣味であるカメラでいろいろな場所を旅行しながら山や海の景色を撮るのもいいかと思っていました。
娘達は嫁に出ていってしまったので家には妻と愛犬のタローだけでした。ある日娘達が孫を見せに家まで帰ってきてくれました。

そこで少し娘と話をしました。「お父さん退職後は何するつもりなの?」と聞かれたので「しばらくはゆっくりしようかと思うけど、近いうちに母さんと旅行にでも出かけて趣味の写真でも撮りたい。」という話をしました。その時は「そっか、いいじゃん!私も旅行したいな~。」などと言われ全くのんきな娘だと思っていましたが。

夕食後娘に呼び出されました。なんでも写真を撮ってそれを販売するネットビジネスと言うものをやっているので私も一緒にやらないか?という話でした。
はじめはそんなうまい話あるわけないと思っていました。昔クラウドソーシングと言うものに挑戦し、うまくいかなかった経験がありました。

しかし、娘に言われるがまま初めてみることにしました。
すると驚くことに私の投稿した写真が1枚数千円の値段が付いていました。

もしかしたらこれで稼ぐことが出来るのでは無いかと継続していると一月で20万円の収入を得ることができました。
試してみるものですね。それからは稼いだお金で旅行に行き先々で写真を撮って投稿し始めました。

現在は安定して30万ほど稼げています。
私なりに分析した結果もしかしたらコレは絵と同じなのかなと思いました。

他人から見たら価値のないものでもある特定の分野の方や価値の分かる人には需要があるのだと思いました。
私はあれ以来趣味である撮影しながら充実した生活を送っています。このKasya2-Business(カシャカシャビジネス)は写真好きの方にはうってつけの副業だと思います。

私のように定年をきっかけに新しい趣味ややりがいを見つければ人生はまだまだ楽しいのだと感じています。
サラリーマンにとって副業はリスクの高いものだと思います。なぜサラリーマンは副業をしにくいのか?そのことについても少し説明していきます。

サラリーマンが副業を恐れるワケ

サラリーマンが副業を行うにはそれなりのリスクとデメリットがあります。しかし今や5人に1人が副業を行なっているというデータもあります。
ただコレは継続率を追っているわけではないのですぐに辞めてしまうサラリーマンも多くいるでしょう。

サラリーマンが副業を怖がる理由は企業が禁止しているからです。日本の多くの企業が今でも副業を禁止しています。
その理由は企業によって異なったり各社思惑がありますが、一般的には本業を阻害するおそれがあるからというのが企業側の意見です。

しかし、日本の法律では就業時間以外の活動を制限することはできないのです。したがって法的には副業は禁止できないのです。
ただ、副業の内容によっては本業を著しく阻害、妨害するものもあるので始める際は注意が必要です。

過去には副業が本業の競合となるとして会社員が解雇されたケースがあります。コレは就業規則を破っているため妥当制裁だといえます。
何度も言いますが本来は副業を禁止することはできません。外国では副業はむしろリスクヘッジのための賢い手段として認知されています。

日本だけがこのような狭い考えを持っています。アメリカでも副業は原則禁止ではありません。
アメリカは自由を尊重する国ということもあり国民は自由にダブルワークやサイドビジネスをできます。

日本もコレくらい自由な文化だったらサイドビジネスがもっと広まると思うんですけどね。
話が横道に反れましたが本題に戻します。サラリーマンが副業をするなら秘密裏に行うか会社に申請を出すのが良いでしょう。

しかし、会社が副業を許可していない場合は前者のほうが得策です。しかも副業がバレると様々な問題が生じる場合があります。
会社の人間に渋い目でみられたり、左遷される可能性もあります。その場合は会社にはナイショでやりましょう。その場合確定申告は自分でしましょう。

会社で確定申告してしまうと税金に関する項目で気づかれてしまう場合があります。
例えば年収500万の人間が600万分の税金を払っていたら100万円の別収入があることがバレてしまいます。

このような自体を避けるためにも確定申告は自分でするようにしましょう。
もう一つ注意したいのは告げ口です。告げ口で副業が見つかるというケースは以外にも多いんです。

自分は副業を我慢して少ない給料で頑張っているのに何故あいつは隠れてお金を稼いでいるんだという反感をかってしまうケースがあります。
むやみに副業をしていることを話すのはやめましょう。特に同僚です。同僚なら口が固いから大丈夫であろうと話したが故に副業がバレてしまうパターンが多くあるそうです。

同期は友人であるとともにライバルでもあります。あなたがいるそのポストを狙っている場合も考えられます。
昔私の上司が仕事について私にこう話してくれました。「いいか、人を信用するのは良いが信頼はするな。」と言われました。

若かった私はいまいちこの意味がわかりませんでしたが経験を重ねるごとにその意味を実感してきました。
今でも私の教訓として強く残っています。皆さんもこの教訓を忘れないでください。

一般的なネット副業とKasya2-Business(カシャカシャビジネス)はどこが違うのか?

一般的なネットビジネスと言えば、バイナリーオプション、FX、クラウドソーシング、ポイントサイトなどが有名です。
このネットビジネスはそれぞれメリットとデメリットが存在します。

私もKasya2-Business(カシャカシャビジネス)を始めた事によりネットビジネスについて色々知らべました。
まず、バイナリオプションについてです。

バイナリーオプションはFXに仕組みが似ています。外国為替がどのように変化するか、現段階よりも通貨価値が上がるか下がるかを予測し投資します。
当たればプラスに、負ければ投資金そのものを失います。しかし、上がるか下がるかの2択ということもあってか初心者の方に人気が高いです。

一方のFXはレバレッジと呼ばれる方法で自己投資金を何倍にも増やすことが可能です。

その為少ない投資金で多くの利益を得ることも可能ですがその分負けたときはレバレッジで膨らませた金額分の損失がでるためハイリスク・ハイリターンなネットビジネスとして有名です。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)と比べると明らかにリスクが高いです。しかもこの2つは初期投資がかかります。
Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)なら初期投資はゼロです。初心者のかたでも安心してできます。

次はクラウドソーシングです。クラウドソーシングはネットビジネスの中でも特に主婦層に人気があります。
在宅で出来るという点とスキルや資格がなくてもタイピングが出来れば比較的始めやすい仕事だからです。

クラウドソーシングはサイトに登録します。すると依頼が来るので依頼主とこちらで連絡を取り納期やテキスト量、内容や納品する形式などを細かくやり取りします。
そこで手続きは完了です。あとは納期までに納品して報酬をもらうというのが仕組みです。しかし、このクラウドソーシングも弱点があります。

それはタイピングのスピードが収入に直接影響を与えるという点と急なアクシデントに対応できないという2点です。
クラウドソーシングはやればやっただけ収入をえることが可能ですがタイピングが早くないとあまり稼げません。

というのも1記事あたりの単価が安いのです。数をこなすことでそのデメリットは解消されますが、今度は急なアクシデントに対応できないという面もあります。

例えば子供が急に熱を出してしまった場合付ききりで看病しなくてはいけません。その場合は依頼を途中で投げ出すわけにもいきません。納品した記事だけを買い取ってくれる場合

もありますが受け付けないという場合もありますので注意が必要です。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)ならそれもありません。ノルマや制限が無いため自分がやればやった分だけ収入を得ることができ、急に何かあっても休めば大丈夫です。こういった面でKasya2-Business(カシャカシャビジネス)は他のネット副業よりも優れていると言えます。

非の打ちどころがないKasya2-Business(カシャカシャビジネス)

このような点からKasya2-Business(カシャカシャビジネス)はコストやパフォーマンスの良さからお勧めだという事です。
もちろんこれだけお勧めするKasya2-Business(カシャカシャビジネス)ですがどんなものにもメリットとデメリットが存在します。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)の唯一のデメリットは完全出来高制という点です。
仮に写真を撮ってもそれが買い手に購入されなければ収益にはなりません。だたこれはどんな副業にも言える事です。

FXだって勝たなければ収入を得る事ができませんし、クラウドソーシングだって依頼主が満足がいかなければ報酬は支払われません。会社も同じです。
仕事の量だけではなく質が求められ作った資料が不出来であれば上司から突き返されます。

Kasya2-Business(カシャカシャビジネス)は低コストで始める事ができ、簡単で良心的なためほとんど非の打ちどころがありません唯一あげたデメリットがこのくらいなものでデメリットでもないと言えばその通りです。

最後に

どの副業、仕事にもあるごく当たり前の事ですが本当にその程度のものしかないのです。

これからますます始める人が増えるであろうKasya2-Business(カシャカシャビジネス)は初心者の方も副業経験者の方もこれから始めようと考えている全ての方にお勧めであり誰でも収入を増やす事が可能なとんでもないビジネスです。

これからあなたの周りでも続々とはじめる人が増えるであろうKasya2-Business(カシャカシャビジネス)をこの機を逃さず始めてみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ